タバコは総ビリルビンには影響ない?!真実は?!

 

総ビリルビンとは、血液検査の検査項目で使われる項目です。
総ビリルビン値は、肝機能障害や胆管障害があると値が上昇するので、肝臓や胆管の障害について知ることができます。
肝臓の機能を阻害する原因としてたばこの喫煙が挙げられます。

 

たばこには多数の有害物質が含まれており、体内に吸収された有害物質は、肝臓で解毒されています。有害物質が増えると肝臓に負担がかかりますが、中でもニコチンとアセトアルデヒドは肝臓の負担を増加します。

 

・たばこのニコチン
たばこのニコチンは大脳の快楽中枢に働きかけ、常習性の原因となります。血中のニコチン濃度が低くなるとたばこが吸いたくなるのはこのためです。
たばこのニコチンは肝臓で分解されますが、分解されるまでに数時間を要します。分解されると、血中のニコチン濃度が低くなるので常習性がある人は、更にたばこを吸ってしまい、血中のニコチン濃度があがります。
この繰り返しにより、肝臓はフル回転でニコチンを分解するため、肝臓に多大な負担をかけることになります。
また、ニコチンには血管収縮作用があるため、血流が悪くので、肝臓に送られる血液の量が減るため、肝臓の解毒作用を低下させます。

 

・たばこのアセトアルデヒド
たばこに含まれるアセトアルデヒドも肝臓に負担をかけます。アセトアルデヒドといえば飲酒で生じる物質ですが、たばこにも添加されています。アセトアルデヒドは肝臓の働きに必要なビタミンCを使って分解されるので、肝臓の働きを阻害してしまいます。
また、アセトアルデヒドは肝細胞自体を傷つけてしまうので、肝臓自体への影響が大きいです。

 

他にも、たばこに含まれる有害物質は、悪玉コレステロールの酸化を促し、善玉コレステロールを減少させます。タールには40種類以上の発ガン物質が含まれており、血液を通して全身に運ばれ、様々なガンの原因となります。

 

このようにたばこの喫煙を続けると、様々な形で肝臓の働きに悪影響がでます。

 

関連ページ

お酒はどんな影響をもたらすのか?
総ビリルビンを下げる為に必要な食生活、生活習慣、発症しやすい病気、疾患、黄疸や結石との関係など、総ビリルビンの情報を詳細にまとめています。